オンライン

JONLINE MEETING 2021 #3 @町田プレイハウス

Pyro. LINE Spesial

5/21 FRI 21:00~ 始まった、「JONLINE MEETING 2021 #3 Pyro. LINE Spesial」。今回は、Jさんを始めLUNA SEAのメンバーも思い出が詰まった町田プレイハウスからの生配信。

いつもはファンクラブ会員のみの視聴でしたが、この日はファンクラブに入っていない人でも視聴できる回となりました!

相変わらずの焦らしプレイから始まる冒頭で

生配信中の映像との隙間からチラチラと人の動く気配があって、始まる前から興味をそそられる演出(違)をしてくるスタッフさん達。

https://zaiko.io/

 

カメラさんが色々と調整されているようでしたが、時折Jさんの御姿らしき色や形を見つける度に興奮度がアップ!!思わず、

ゆらなみ
ゆらなみ
なんたる焦らしプレイ!!!(笑)

などと呟いてしまいました。

そして、始まった生配信は神回でした

司会はお馴染みの中村貴子姉さん。そしてJさんが映し出されると、音声の音飛びと映像の停止が続くという悪夢が発生!

ちょおっとぉー!!!(怒)

 

お二人が何を話しているのかわからない。Jさんは隣にいるフラミンゴをポンポンしたりしているけれど、何せ音声が聞き取れないから、

ゆらなみ
ゆらなみ
いったい、そのフラミンゴはなんなの!?ねぇ、Jさん、その子(ミンゴ)はどうしたの?

と、疑問だらけの冒頭でした。

後日アーカイブで確認したところ、このフラミンゴはJさんが町田で捕まえた子だそうです(笑)町田の街にはフラミンゴがいるんですねぇ(笑)

 

配信している会場は、伝説のライブハウス・町田プレイハウス。ここはJさん、そしてLUNA SEAにとって思い出深き場所なのです。

この時のプレイハウスは1983年オープン初代の場所から移転され、三代目。今年で38周年を迎えます。

実はこの5月21日という日は、LUNA SEAがバンドとしてスタートしたといっても過言ではない日。この日にプレイしたのがこの、町田プレイハウスなのです!

デビューした日が1992年なので、もう29年も前になります。場所が変わっても、あの頃の想いを思い出させてくれる場所なのかもしれません。

Jさん自らが町田プレイハウス内をレポート!

(見てくれているであろうLUNA SEAメンバーを)代表して、この初めての三代目プレイハウスをJさんが直々にレポートをしてくれるという神回!!

ゆらなみ
ゆらなみ
毎回神回と言われてるけれど、今回も本当に神回です!

 

Jさんがマイクとカメラを片手にステージから移動して、階段、そしてロビーへ。

目に留まるのはジュークボックスと、壁には昨今の危機でライブハウスを支援するクラウドファンディングに参加した方たちのお名前ゾーン。名前が書かれたバックステージバスが壁一面に張り付けられています。

いつまでもライブハウスという場所が似合う男・Jさん。

チャットではJ散歩って言ってるコメントもあって、『うまい事言ってる!!(笑)』って思ってしまいました。

気になるフラミンゴの正体は・・・

ライブハウスの素晴らしさを熱く語るJさんと、それに頷くフラミンゴ。(Jさんが動くと振動で揺れる)

『ほら、頷いてる。』

ぶふぉっ!!(吹笑)

真顔でフラミンゴに話すJさんに噴出してしまいました!

このフラミンゴはプレイハウスのシンボルとして、これまでの歴史を見守ってきている子なんですよ~。これからも音楽に関わる人たちをぬるく見守ってくれる事でしょう。

Jさんへの質問コーナー

ここからは、Pyro.達からの質問に答えるコーナーです。

 

町田での思い出の場所やスポットを教えて下さい。

『言えない話ばっかだよ』と、言いながらも語ってくれるJさん。

現在はもうなくなっているという居酒屋・「イチバンドリ」(表記がわからないのでカタカナです)での打ち上げ話をしてくれました。

 

昔のエピソードを教えて下さい。

「都心の大きなライブハウス」という場所ではなかったプレイハウス。ここで時間を無駄にするわけにはいかない・1日でも早く、鹿鳴館のような場所へ辿り着きたいと願っていた10代のJ少年。

バンドブームになり更に焦りを感じるJ少年は、当時店長だった葉山さんと話をして気がつきます。

『嵐を起こせるようなバンドだとしたら、この町田でも起きてるはず!』

『今、何も起きてないんだから、東京のど真ん中に行ったって起きるわけねぇよ!』

この話を聞いていた私は目から鱗でした。私も10代でこんな考えに辿り着けていたなら、何かが変わっていたのかもしれません。

 

LUNACYの命名はJさんと記憶。LUNA SEAの他に名前の候補はあったのでしょうか?

LUNA SEAはJさんだけど、LUNACYは当時(高校)のドラムメンバーからのアイデアだそうです。

過激なバンドっぽいバンド名ではなく、個性的でどこにもない、カッコイイバンド名を探していて辿り着いた名前。

 

リアルPyro.LINE(大阪)で指ハートしたって本当!?

『指ハート??これでしょ?』

って言いながらJさん、親指と人差し指の先をくっつけるポーズをとる(指先同士でハートに見える?)

 

『違うの?教えて?』(!!!!!)

 

ゆらなみ
ゆらなみ
この言い方が可愛いすぎてッ!もうッ!もうッ!!(壊)

無事に親指と人差し指をずらしてクロスする、正式な指ハートを披露してくれました。

『何がいいのかわかんない。』と苦笑いしてましたが、コメント欄ではもう、可愛いの嵐でしたよ!!

 

他のアーティストの音楽を聴く時は、ベースの音を中心に聴いてるんですか?

これは私も気になりました!

Jさん曰く、『低音をわざと出しすぎているようなバンドは気持ち悪くなる』のだそうで、バンドの音は全体を聴くのでベースだけってのはあんまりないそうです。

「バンド」としての一体感というか、ちょうどいい融合さが「気持ちいい音」に繋がるんでしょうかね。

『ベースのカッコ良さは「奥ゆかしさ」を纏っているところ。』

わかる!それ、わかります!

出過ぎず、だけどピンポイントでは心に響く瞬間を持っていると私も思います。

 

お風呂には浸かる派のJさん。 入浴剤は入れますか?

『入れないですねぇ。』

『入れないんですよねぇ。』としか言わないJさん。

レコーディングや曲作りでの気分転換でも入るし、時間がある時は1日に何度も入ったりするそうです。

 

不安で眠れない時はどうしますか?不安との上手な付き合い方はありますか?

過去、眠れない夜を何度も何度も経験してきたJさん。そんな彼が導き出した答えは単純明快でした。

『不安でいろんな事を考えても現実に起こることは、その中でもたった1つ。』

『だから余計なことを考えても、無駄じゃないですか。』

 

ゆらなみ
ゆらなみ
なんてわかりやすい(笑)

 

『考えての準備は良いけれど、準備をし過ぎて身動きが取れなくなるのはポジティブじゃない。だったら、寝た方がその問題を飛び越えるエネルギーを作れるはず。』

『準備をしてなくて寝れないのなら、準備をすればいい。自分なりの答えが出ても、それが望まない答えだとしたら、それを受け入れればいいだけの話。』

『未来は誰にもわからない。でも努力をする、準備をすることは誰にでもできる。準備したからってそれが報われるかどうかなんて誰もわかんない。そうなった時に、「自分はよくやった!」「悔いはない!」ってなったらいいんだと思う。』

 

ここまで聞いていて、「?」ってなったのが『自分なりの答えが出ても、それが望まない答えだとしたら、それを受け入れればいいだけ』のところ。

どういうこと?って思ったんだけど、考え抜いた私なりの解釈は、「全ての要素を取り入れて且客観的に出た答え(自分なりの答え)」「でも自分の求めている答えとは違う(望まない答え)」だけど、受け入れる。という事なのかな、と。

 

ゆらなみ
ゆらなみ
・・・でも受け入れるって、そう簡単じゃなくない?

自分の求めるものと違う答えを受け入れなきゃいけない時ってもの凄い葛藤というか、自分の想いが強いほどに折り合いがつけにくいというか。

 

『諦めるんじゃなくて受け入れる』って言ったJさん。

更には『期待しない』ともおっしゃっていたJさん。

確かに初めから期待なんてしなければ、そういう気持ちの振れ幅も起きないだろうけど。正直、Jさんから『期待しない』というワードが出るとは思わなかった。

今まで私たちの見えない、知らない所でどんな経験をしてきたのか。そんな想いに心を寄せる事もできないけれど。

あんなに激しい感情を露わにしてきたJさんが、いつしかまろやかな雰囲気に変化していったのはもしかしたらこういう心境の変化があったからなのかも、しれませんね。

 

それでも眠れないのなら。

そして、こんなお話もしてくれました。

バンドを始めた時に、『ベーシストとしても自信がないんだよね。』と、スタッフさんにポロっと零したJ少年。

するとその方は、

『自信つけりゃあいいじゃん。自信つけるために何かしてる?何にもしてないで自信ないってばっかり言ったって、そりゃ自信ないよね。』と、J少年に言い放ったのでした。

この事でJ少年は行動を起こすようになったのだそう。

『失敗しても、次の自分を作ることになる。望まない答えが出たとしても、そこにはもう違う自分がいる。』と。

 

質問の最後では、『後は運動!疲れて疲れて疲れたら、そんな事を考える余裕もなくなる!』ですって(笑)

言葉の重みと尊敬

さっきの質問の答えの中で『望まない答え』というワードが出た時に、私にはLUNA SEAの終幕で見せた、Jさんの葛藤していた姿が思い出されました。

観ていた人の中でも、同じようにそう感じた人がいたかもしれない。

 

今はもう、番組でもメンバーが終幕の事をちょろっと話す場面もありますが、何年経ってもあの時の衝撃というか。Jさんの感じた悲しみがふと思い出されてしまって。

楽しいPyro. LINEの時間なのに、ちょっと切なくなっちゃった。

 

この時のコメントでもありましたが、Jさんの言葉って、本当に納得ができる言葉を伝えてくれる。ストンと私やパイロの皆の心に落ちてくる。

そして、ブレない。

 

これまでJさんの「為になるお言葉」を聞いて、自分にうまく吸収することができたのかと言えば、素直に肯定する事はできないのだけれども。

だからこそいつまでもJさんを求め続けるので、過去も今も未来もずっと彼についていきたくなるんでしょうね。

 

他にも、会場の違いによっての意識の違いやプレイ方法、話し方、ジャケ買いのお話、そしてフラミンゴの命名(笑)

優先順位のつけ方の話、イメトレの事、ニューアルバムの事、などなどの話があってもう書ききれないです!!!

 

 

この記事を読まれてJさんに興味を持った方は、是非、F.C.Pyro.への入会をおすすめします!

入会方法は、こちらの公式サイトをご覧下さいませ~。

モバイル版はこちら

 

 

例えばこんなカレンダーはいかが?

グッズの話も出ましたが、カレンダーならこんな感じはいかがでしょうか?

f:id:tokiami:20210522180929p:plain

 

例として適当にコメント入れたけど。こんなカレンダー発売したらいいな!

左は月単位でめくれて、右は日めくりタイプ。左は12枚だからいいけれど、右は31枚程度あるからかさばっちゃうかな?(笑)

まとめ

今のところ、月1で開催されているこのPyro.LINE。もちろん来月も開催が決定しているので、次回6月19日(土)にまた皆で楽しみましょう!