パーソナルカラー診断

【カラータイプ】4シーズンタイプで診断してもらったら意外過ぎた話

自分に似合うスタイルを作る!

こちらの記事は、「パーソナルカラー診断」です。

 

顔タイプ診断の結果はこちら

【顔タイプ】8タイプから診断してもらったら真ん中の真ん中だった話どんなテイストが似合いやすいのかがわかる顔タイプ。どんなタイプなのかを8タイプで診断します。...

骨格診断の結果はこちら

【骨格タイプ】3タイプから診断してもらったら胴長短足だったって話 自分に似合うスタイルを作る! こちらの記事は、「骨格タイプ診断」です。 パーソナルカラー診断の結果はこちら https:/...

パーソナルカラー診断とは

4つのカラータイプ(スプリング・サマー・オータム・ウィンター)の中から、自分を魅力的に見せる色を知る方法です。

 

 

基本は4タイプですがシーズンによって跨るタイプの人もいるので、現在はより詳細な8タイプで診断できる場合もあります。

最も似合うシーズン色をファーストシーズン。

次に似合うシーズン色をセカンドシーズンと呼びます。

自分に合っていると思っていても、他の人からの印象は必ずしも同じとは限りませんよね。どんな色が自分に似合っているのか知りたい人におすすめの診断です。

似合う色を知りたくなったキッカケは

全身ブラックコーデがお気に入りだった20代。

けれど、いつしかそんな自分に違和感を感じ始めた時にふと悩みました。

ゆらなみ
ゆらなみ
私の得意な色ってなんだろう?

自分に似合う色を纏うと、顔色が明るくなってくすみやシミなどの肌悩みも軽減してくれるのだそう。

『どうせならより良く見えた方がいいし、今まで挑戦できなかった色の服も着れるかもしれない!』と思った私は、ご近所でパーソナルカラー診断をしてくれるサロンを探し始めました。

かなりアバウトだった格上げ顔診断

はじめて行ったサロンでは「格上げ顔診断」という方法で診断をしていました。

主に「顔タイプ診断」なんですが、骨格タイプとパーソナルカラーも大まかに診断されているようでした。

 

顔の印象は、「男顔」と「女顔」の2種類4タイプに分かれます。
男顔グループのシャープな印象で若々しくアクティブなイメージの「ボーイッシュタイプ」
男顔グループのクールで大人っぽいイメージの強い「宝塚タイプ」
女顔グループのソフトな印象で、キュートなイメージの「アイドルタイプ」
女顔グループのエレガントで落ち着いた大人っぽいイメージの「エレガントタイプ」

 

私の診断結果は「アイドル」。頂いた冊子には永遠のアイドルのようにキュートだとか何とかって書かれていましたが・・・

あまりにも正反対な診断の結果に、もの凄く心が拒否したことは忘れもしません。自分の求めているものと見た目にはこんなにも違いがあるのかと。

かなりアバウトな結果なので、どういったスタイルやカラーが合うのか詳細を知りたい人にはおすすめはしませんね。

実際に「パーソナルカラー診断」をしてもらったら

「格上げ顔診断」から数年後。

もっと詳細な回答を求めて今回初めてパーソナルカラー・骨格診断・顔タイプ診断を巷で評判の良い方に診断をしてもらいました。

実は私、パーソナルカラーに興味があってちょこっと調べていた時期があったんですが、それを踏まえて以前から自分のタイプを導き出していたんです。

 

導き出したその答えは、私のパーソナルカラーはイエベのオータム。

一応、持っていた色見本を顔に当てて確認したところイエローの色味が自分には合っていると判断できたわけです。

それに合わせてメインだった黒い服は9割方、処分してやりました!結構な断捨離です。

オータムの中でもウォームタイプだと思ったので落ち着きがあってくすみのある色を選びまくり、彩度の低いマスタード色の洋服が増え、リップもオータム向けに販売されているものを買ったんですよ。

なのに!

今回診断した結果がなんと!

ブルーベースのウィンター(冬)

 

ゆらなみ
ゆらなみ
え、ちょっと待って・・・私ってブルベだったの?

この時もドレープを当てて診断をして下さったんですが、正直、本当にブルベの色が私に合っていたのか見分けがつかなかったんですよ。

でも、私を初めて見た時からブルベさんだと断言されていたので、その言葉を信用させていただこうと。

なりたい自分に近づくためには

自己診断でイエベのオータムだと疑っていなかった私が、まさかブルベのウィンターだったとは本当にびっくりしました!

ブルべさんは色白で髪も瞳も黒っていう認識だったから、「私、色白じゃないよ?髪も瞳も真っ黒じゃないよ?目鼻立ちはっきりってタイプでもないよ?」と思っていたんだけど私みたいな少数派タイプもウィンターさんにはいるようです。

 

一番ショックだったのは、自信のあった自己診断が根本のベースカラーからして間違っていたこと。

ゆらなみ
ゆらなみ
もう、自分の感覚が信じられなくなったわ

低彩度のくすみカラーが苦手。顔まわりに持ってくると顔色が悪く見えてしまいます。

https://drobe.jp/

 

断捨離もしてオータムカラーばっかり揃えたのに~!黒服、捨てるんじゃなかった。むしろ意識してくすみカラーを取り入れちゃっていたよね。

確かに、確かに、オータムさんお得意のキャメル色は着ると違和感があったけれども!似合うはずのベージュ色が実は気に入らなかったけれども!アクセサリーもゴールドばっかり揃えちゃったけれども!

ちょっとの違和感は顔タイプ(デザインや素材が合わない)のせいだろうと、見て見ぬふりをしていたせいなのかな・・・

 

まさかウィンターだったとはね。

このバーガンディ色をめっちゃおすすめされた(笑)

https://www.i-iro.com/

実際にドレープで合わせてみても、自分で似合うと思う色と第三者から見て似合う色は違うものなんでしょうね。

大好きなJさんを勝手にオータムさんだと認識していたけれど、自分自身のパーソナルカラーが間違っていたとなるとJさんについての認識は間違っているのかもしれない。

 

ちなみにこんな記事も見つけました。

年齢を重ねることにより 色素の彩度は下がり 明度は高くなっていきます。年齢を重ねても肌・目・髪の色に変化がない方は、パーソナルカラーは変わりません。そうでない方は、パーソナルカラーが微妙に変わる可能性があります。

https://j-mda.com/

だそうで、若い頃に診断しても加齢が進むにつれて変化していくみたいです。

 

私の場合、確か10代の頃にオレンジの服を着ていて家族に褒められた事がありましたが、診断結果のウィンターにはこういった色(要素)がありません。

加齢で変わったって言われたら結構納得しちゃいますね。

確かに若い時は何色の服を着ていてもそれなりに合っていたような気がします。今では絶対に着ないような色の服もあったもの。

過去に診断をした人でも、顔色や年齢で今まで着ていた服になんだか違和感を感じるようになってきたら、再度診断してみるのもおすすめですよ。